セフレ募集で援デリを掴まされた失敗から学んだセフレの作り方

MENU

男なら誰しも、一人や二人気軽にセックスが出来る相手が欲しいと思うもの。例え妻子ある身だとしても、よっぽどの堅物でない限りその気持ちに変わりないだろう。35歳になった今でも独身、そのうえ3年前に彼女と別れてからは全くもって女性との接点がなく飢えに飢えている俺は、喉から手が出るほど都合よくセックスが出来るセフレが欲しいと思っていた。とはいってそう簡単にセフレを作ることなんて出来ない。俺は中古車販売店で営業の仕事をしているので、相手をするお客様のほとんどは男性だ。同僚もほぼ男性という環境で暮らしているので女性との出会いは皆無に等しい。しかし驚くなかれ、そんな俺がつい最近、とある女性と知り合いセフレになることが出来た。

 

こんな俺を羨ましいと思う人はここから先を是非真剣に読んでみてほしい。これから俺はセフレの作り方を詳しく綴っていく。だが難しい事は何ひとつない。PCMAXという優良出会いサイトに登録して、セフレ募集をしている好みの女性を見つけて会えばいいだけだ。たったそれだけでどんなにモテない男であろうが、女性経験がない男であろうが、いとも簡単にエッチな女の子と出会うことが出来て、その日のうちにセックスをすることだって可能だ。

 

特にこれから自己流のセフレの作り方を実践しようとしている人は、今しばらくそれを中止して、この先の話に耳を傾けてほしい。俺の経験上、優良出会いサイトを利用しないでセフレ募集をした場合とても面倒な事になり兼ねない。時には思わぬところで金銭を搾取されることにもなるので気を付けなければならない。もちろん俺の話を聞いたうえで、それでも自己流で実践するというのなら無理強いはしない。しかしこれから綴る俺の経験を含めた事実を聞けば、大方の人は出会いサイト以外は危険、PCMAXなら簡単にセフレが出来るという事をお分かりいただけるだろう。まずは暇つぶしだと思って軽い気持ちで読み進めていってほしい。

 

 

[プロフィール]
名前:長野
性別:男性
年齢:35歳
職業:会社員(中古車販売)

 

中古車販売店に務める会社員。3年前に彼女と別れて以来、セックスをしていない。仕事がら相手をするのは男性ばかりなので女性との出会いは皆無。
どうにかセックスをしたいと思っていたところ、ツイッターでセフレ募集をしている女性を見つける。ダメ元でDMを送ってみたところまさかのOKを貰い実際に会う事になりセックスをすることも出来た。しかしそのセックスは30分程度の淡白なもの。そのうえ事が済んだ時に2万円を請求された。事の次第によってはと身の危険を感じ仕方なく2万円を支払ったが非常にガッカリした経験となった。
これをセフレが複数いるという大学時代の友人に話したところ、それは援デリだったという事を知る。もう同じ失敗はしたくない、けれどセフレは欲しいと思い、友人にセフレの作り方を教えてもらうことにする。その後友人のアドバイス通りにPCMAXという優良出会いサイトを利用しセフレを作ることが出来た。

更新履歴