ツイッターで知り合った女性は本当に美人だった。人気を博す国民的アイドルや女優と肩を並べられるほど可愛い女性だった。そんな女性とひょんな事で知り合うことができ、ラブホテルにチェックインしたのだから興奮するのは当然だろう。俺は我を忘れて女の子の体を求めた。それだけでなく俺は3年間もご無沙汰だったこともあり、本能をむき出しにするように彼女の体に食らいついた。

 

しかしその女性とのセックスは非常に淡白なものだった。せっかくセックスをするのだから、燃えるような濃厚なセックスをするつもりだった。だが俺が求めると彼女は「そんなに乱暴にしちゃイヤ!優しくして!」と言い、事務的に淡々と事を進めていった。ホテルに入ってから事が終わるまでに費やした時間はたったの30分。これではまるで質の悪い格安風俗に行ってしまったようなもの。もちろん久しぶりに女性の体を味わうことが出来たので文句をつけるつもりはないが当然満足することは出来なかった。

 

驚くのはここからだ。事を済ませて服を着ると、その女性は事もあろうに「それじゃ今日は2万ってことで宜しく。ちなみにホテル代は別になってるからね!」と言った。それを聞き俺が困惑したのは言うまでもない。セフレ募集をしているというからセックスをしたのに、金銭を要求される理由が皆目見当つかない。俺は「ホテル代を払うのはいいけど、何で君に2万払わなきゃいけないんだ」と言い放った。するとその女性は「だってそういう決まりなんだから仕方ないじゃん!もしも払ってくれないならそれなりに対応しないといけなくなるよ…どうする?」と冷たい口調で言い返してきた。

 

どうにも納得がいかなかったが、何やら身の危険を感じた俺は仕方なしに要求通りの2万を彼女に手渡しホテルを後にした。どうやら俺はセフレの作り方としては最悪なものに手を出してしまったようだ。

 

定番サイト登録無料
セフレサイトランキング
安全確実にセフレが作りたい方におすすめのサイト